「雨になると、昔のキズが痛む」など、天気の変化と関係して体調の変化を訴える人が
います。天気によって体調の変化を感じるのは不思議な感じがしますが、
気圧、温度、湿度の変化は体調に大きく関係しています。そうした病気を「気象病」と
いいます。
「気象病」には、気管支喘息、神経痛、リュウマチ、頭痛、胆石、血栓など、
さまざまな病気が関係しています。
例えば、低気圧になると、体の組織がむくんだり、自律神経のバランスが崩れるなどの
変化が起こります。気管支喘息の人は、気道がむくんで空気の通りが悪くなったり、
痰などが増えて、急激に呼吸が苦しくなることが多くなるといわれます。
気管支喘息は、場合によっては命にかかわる病気なので、気圧の変化には十分に
注意が必要です。
また、低気圧になると、むくんで膨張した組織に神経がふれることで神経痛の原因に
なったり、手足の血行が悪くなる一方、脳の血流が増えるために、ズキンズキンという
拍動性の頭痛を招くこともあります。頭痛持ちの人がいち早く天気の変化を察知すること
があるのは、気圧の変化と頭痛の関係を身をもって知っているからでしょう。
これらの「気象病」の予防としては、低気圧によるむくみを防ぐために水分や塩分の
摂り過ぎに注意し、血行を妨げるような体を締め付ける服装はやめましょう。
また、ストレッチなどを行って血行を良くするのも効果的です。さらに、入浴は血行を
促進し、自律神経のバランスを調えてリラックスできるのでおすすめです。これから冬に
向かって気温が急激に低下する時には、体を冷やさないように服装に気を配るなどの
対策を心がけましょう。
 わたしたちの体は健康な人であっても自然に気象の影響を受けています。
特に、異常気象が続く近頃では、大きな気象の変化が起こりやすくなっています。
「気象病」の経験のある人は天気予報をチェックして、体の健康予報にも役立てたいもの
ですね。